イラストの高校に進学【プロがきちんと指導する】

ニュース一覧

アニメ

絵をかくのが好きな人は

アニメの専門学校では、アニメ制作の基本となる絵の基礎を学ぶことが重要です。正確かつスピードのある仕事をこなすには、基本が大事です。また、希望の就職先に就職できるよう、学校側がきめ細かいサポートをしてくれるかどうかも重要です。

音符

音楽大学の老舗

武蔵野音楽大学は老舗の音楽大学で、国内の大学ではトップクラスです。受験時の難易度としては実技の難易度が高いことが知られており、早いうちから対策することが必要です。また新しいキャンパスができるため新しい風を感じることもできます。

バレエ

これから始めるには

感受性が豊かになり観察力も鍛えられるバレエを始めてみたいという人や子供にやらせたいという人も少なくないでしょう。東京には数多くのバレエ教室がありますが、月謝制であれば週1回のレッスンで6000円程度、チケット制は一回2000円程度が相場となっています。

おすすめ記事一覧

アニメ

絵をかくのが好きな人は

アニメの専門学校では、アニメ制作の基本となる絵の基礎を学ぶことが重要です。正確かつスピードのある仕事をこなすには、基本が大事です。また、希望の就職先に就職できるよう、学校側がきめ細かいサポートをしてくれるかどうかも重要です。

音符

音楽大学の老舗

武蔵野音楽大学は老舗の音楽大学で、国内の大学ではトップクラスです。受験時の難易度としては実技の難易度が高いことが知られており、早いうちから対策することが必要です。また新しいキャンパスができるため新しい風を感じることもできます。

プロデビューができる

勉強

プロ仕様の環境がある

自分の世界を表現できる職業、それがイラストレーターです。近年のライトノベル等のブームで今自分もイラストレーターになりたい、多くの人に自分の絵を見て欲しいという人が爆発的に増えています。イラストレーターになるにはもちろん画力が必要です。画力についてはもちろんイラストレーターになるための全てを教えている高校が今人気を集めています。高校に通いながらイラストについて一から勉強できるのが特徴です。また、自分以外にイラストレーター等絵に関する仕事をしたい同級生とたくさん出会えるのも高校の強みです。同級生はライバルであり友達です。お互いに刺激を受けながら勉強できます。イラストを学べる高校の大きな特徴はプロが直接指導をする事です。自分の描いた絵のどこがダメなのか、どこが優れているのかプロがきちんと指導するので弱点はすぐに克服し、長所はより伸ばせます。また、高校ではプロが使っているパソコンのCGソフトを思う存分使う事ができます。CGソフトを使った絵の描き方を学ぶ事は今イラストレーターになるために必須と言われています。もちろんパソコンが苦手という人でも丁寧に講師が指導するのですぐに操作に慣れます。デジタル原稿もアナログ原稿も両方できるとそれだけプロデビューできる可能性が高くなります。高校では在学中にプロデビューできるように様々なコンテスト等を開催しています。また、積極的に活動する事で色々な業界との人脈作りも在学中から可能です。イラストレーターはアニメや挿絵以外にも、ゲームのキャラクターデザインで活躍することも少なくありません。ゲームクリエイターになるには、ゲームを中心とした専門学校で学ぶとよいでしょう。特にパソコンを使ったコンピューターグラフィックをメインに勉強していくのがおすすめです。

イラスト

漫画家を目指すには

イラストレーター専門職では、確かな技術を身に着ける必要があり、高校生の段階で学べる環境があります。技術を学べるだけでなく、学内イベントで大手出版社とのつながりを持てるチャンスが用意されているということも大きな魅力の一つになります。

アニメ

ノウハウを教えている

アニメの専門学校に入る事で演出力等アニメ制作について徹底的に学ぶ事ができます。授業ではアニメに関する基礎と応用の両方をプロが指導しています。制作会社側も専門学校の事をよく知っているので卒業した学生なら確実な力があると評判です。