イラストの高校に進学【プロがきちんと指導する】

ニュース一覧

絵をかくのが好きな人は

アニメ

授業内容と就職のサポート

アニメの専門学校では、原画、動画、演出、絵コンテなどの、アニメーション制作全般について学ぶことができます。どの工程でも最も重要となるのが、作画力です。アニメーターを目指し、アニメの専門学校に入学する人は、多少は絵に自信のある人が多いでしょうが、絵の基本をおろそかにはできません。石膏、風景、人物デッサンを通じ、画力を養い、描写表現、透視図法などもきちんと学習し、正しい知識と技術を習得する必要があります。基礎をしっかり学ぶことができれば、アニメーターのプロとして求められる正確さやスピード、ていねいさなどにも適確に応じることができるでしょう。様々なアニメの専門学校の中からどの学校を選ぶかは悩ましいものです。高度で実り多い学習内容はもちろんのこと、きめ細かく就職をサポートしてくれるかどうかも重要になってきます。アニメ業界はCSなどの一般家庭への普及により、アニメ番組の数が飛躍的に増えています。そのため、業界では能力の高いアニメーターが求められています。他にも、ゲーム関連、出版、デザイン、玩具メーカーなど、多種多様な業界からの求人もあります。自分に合った就職先を探すために、専門学校が、一人一人に適切なフォローをしてくれるかどうかを見極めなければなりません。学生の希望に照らして個性や適性を判断したり、能力、技術のチェックを行うなどの対応をしてもらえればベストでしょう。また、学校側としても、就職に向けた各企業への見学、打ち合わせ、イベント企画など、万全のサポートが望まれます。